日本語と日本文化


西行を読む


和歌の歴史に偉大な足跡を残した西行。抒情性豊かな四季の歌と恋の歌を読むとともに、出家以降の西行の生きざまを、西行自身の残した言葉を手掛かりにして読み解いていきたい。あわせて西行伝説といわれるものを紹介する。



四季の歌・恋の歌
春の歌:西行を読む
花の歌:西行を読む
吉野の桜:西行を読む
落花:西行を読む
浄土と桜:西行を読む
西行桜:西行を読む
梅:西行を読む
夏の歌:西行を読む
ほととぎす:西行を読む
五月雨:西行を読む
秋の歌:西行を読む
秋の虫:西行を読む
秋の草花:西行を読む
鳥獣:西行を読む
月:西行を読む
もみじ:西行を読む
冬の歌:山家集を読む
雪:西行を読む
恋の歌:西行を読む
西行の恋(一):西行を読む
西行の恋(二):西行を読む
西行の恋(三):西行を読む
西行の同性愛:西行を読む
阿漕:西行を読む

僧西行
西行の出家(一):西行を読む
西行の出家二:西行を読む
出家後の西行:西行を読む
伊勢神宮に参る:西行を読む
二見が浦:西行を読む
陸奥への旅(一)清見潟:西行を読む
陸奥への旅(二)富士の煙:西行
陸奥への旅(三):武蔵野の隠者
陸奥への旅(四)白河の関:西行
陸奥への旅(五)平泉:西行を読む
待賢門院の死:西行を読む
上西門院:西行を読む
高野山に入る:西行を読む
天野の尼たち:西行を読む
大峰修行:西行を読む
熊野詣:西行を読む
保元の乱:西行を読む
四国への旅:西行を読む
善通寺:西行を読む
晩年の西行
伊勢への移住:西行を読む
源平争乱:西行を読む
命なりけり(二度目の陸奥への旅):西行を読む
頼朝との邂逅:西行を読む
御裳濯川歌合:西行を読む
宮河歌合:西行を読む
入寂:西行を読む

西行伝説
文覚と西行:西行伝説
西行の反魂術:西行伝説
笑われる西行:西行伝説
江口の君:西行伝説
雨月:西行伝説
たはぶれ歌:西行を読む
地獄絵:西行を読む
法華経:西行を読む
明恵と慈円:西行を読む
芭蕉と西行


  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




HOME内容へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2017
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである