日本語と日本文化
HOME | ブログ本館東京を描く日本の美術日本文学万葉集プロフィール | 掲示板




雨月物語を読む:現代語訳と解説


雨月物語は徳川時代の小説家上田秋成の代表作だ。上田秋成は非常に変った人間だった。偏屈で、衒学で、自信過剰ともいえた。その自信過剰ぶりは、本居宣長との有名な論争に現われている。しかし、裏を返して見れば、そうした常軌を逸した人間性が、雨月物語のような作品を書かせたとも言える。もっとも日本には、日本霊異記以来怪奇譚の伝統があって、雨月物語もそうした伝統に立脚していることは指摘できる。そうではあるが、雨月物語の独自性は特記すべきものがある。ここではその雨月物語について、全文を現代語訳し、テクスト理解のための最小限の解説を加える。



白峰(一):雨月物語を読む
白峰(二):雨月物語を読む
白峰(三):雨月物語を読む
白峰(四):雨月物語を読む
菊花の約(一):雨月物語
菊花の約(二):雨月物語
菊花の約(三):雨月物語
菊花の約(四):雨月物語
菊花の約(五):雨月物語
浅茅が宿(一):雨月物語
浅茅が宿(二):雨月物語
浅茅が宿(三):雨月物語
浅茅が宿(四):雨月物語
浅茅が宿(五):雨月物語
夢応の鯉魚(一):雨月物語
夢応の鯉魚(二):雨月物語
夢応の鯉魚(三):雨月物語
仏法僧(一):雨月物語
仏法僧(二):雨月物語
仏法僧(三):雨月物語
仏法僧(四):雨月物語
吉備津の釜(一):雨月物語
吉備津の釜(二):雨月物語
吉備津の釜(三):雨月物語
吉備津の釜(四):雨月物語
蛇性の婬(一):雨月物語
蛇性の婬(二):雨月物語
蛇性の婬(三):雨月物語
蛇性の婬(四):雨月物語
蛇性の婬(五):雨月物語
蛇性の婬(六):雨月物語
蛇性の婬(七):雨月物語
蛇性の婬(八):雨月物語
蛇性の婬(九):雨月物語
蛇性の婬(十):雨月物語
青頭巾(一):雨月物語
青頭巾(二):雨月物語
青頭巾(三):雨月物語
青頭巾(四):雨月物語
貧福論(一):雨月物語
貧福論(二):雨月物語
貧福論(三):雨月物語
貧福論(四):雨月物語




HOME






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである