日本語と日本文化


丹波守平貞盛、児干ヲ取ル語 今昔物語集巻二九第二十五


今は昔、平ノ貞盛ノ朝臣という兵があった。丹波の守として赴任中に、身に悪性の腫瘍ができたので、某という高名な医師を迎えて診察を請うに、医師は「大変な腫瘍ですが、男の子の胎児の生き胆を煎じて飲めばなおります。めったに処方しませぬが、日時がたてば効き目がなくなりますので、早く求めなさい」といって、退出した。

そこで守は自分の子の左衛門ノ尉というものを呼び寄せ、「俺の腫瘍をこの医師は矢傷だと見抜いた。もしこの薬を求めていると世間に知れたら、大変なことになる。そこでだ、お前の妻が懐妊しているということだが、その胎児をこっそりとわしにくれ」といったので、左衛門ノ尉は目もくらむ思いになった。とはいえ拒みようもなく、「それではお納めください」と答えた。貞盛は「それがよい、お前は葬式の用意をして待っておれ」といった。そこで左衛門ノ尉は医師のもとへいって、泣く泣く事情を話したところ、医師も同情して泣いてくれたのだった。

「それは大変なことだ。わしがひとつ細工をしてやろう」医師はこういうと、貞盛のところへいって、「どうしました、薬はできましたか」と聞いた。守は「それがなかなか見つからなくて、結局息子の嫁の胎児を貰い受けることにしました」というので、「それはなりませぬ。自分の血筋を引いたものは使えないのです」と医師が答えると、守はたいそう落胆したのだった。そのうち家来の一人が、「飯炊き女が懐妊して6ヶ月になります」と教えてくれたので、その女の腹を裂いたところ胎児は女の子であった。女の子の肝では使えぬので捨ててしまったが、そのうち男の子の肝を手に入れて、守は病気を治すことができた。

守は医師に馬、装束、米などを数限りなく与えて京へ返すにあたり、子の左衛門ノ尉を呼んでいった。「わしの腫瘍は矢傷がもとだ。それで生き胆を求めたなどと世間に知られては都合が悪い。朝廷ではわしの勇猛さに感激なされ、恵比寿を退治しに陸奥に派遣されようとするところへ、わしが矢傷を蒙ったなどと聞こえては、はなはだ不都合じゃ。秘密を知っているこの医師を殺してしまおうと思う。これから京へ返すから、お前は追いかけて射殺しろ」

守がこういうと、左衛門ノ尉は「たやすいことです。山の中で待ち伏せし、強盗を装って射殺しましょう。夕べ近くに出発させてください。といった。守は感心し、左衛門ノ尉は支度のために退出した。

ところが左衛門ノ尉は、医師にあってこのことを密かに告げた。そしてどうしたらよいかと訪ねた。医師は、けしからぬとこだと思いながらも、何とかして助けて欲しいといった。すると左衛門ノ尉は、「途中山の中に入ったら、見送りの判官代を馬に乗せ、ご自分はそのあとから歩きなされ。このたびのことでは大変お世話になりましたので、このようにお話しに参りました」といった。医師は手を合わせて感謝したのだった。

医師は酉時(午後6時ころ)に出発した。そして左衛門ノ尉にいわれたとおり、山で馬から下り、従者のふりをして歩いていくと、盗人が出てきて、馬に乗っていた判官代を射殺した。従者どもはみな逃げてしまい、医師一人が京へ戻った。

守のほうは、喜んでいるうちに、医師は無事京にあり、射殺されたのは判官代だったと知り、どうしたことだと左衛門ノ尉を問い詰めた。すると左衛門ノ尉は、「医師は歩いていて従者のように見えましたので気づかず、馬に乗っていた判官代を主人の意思だと勘違いして射殺してしまいました」と答えた。守は変だとは思ったが、それ以上何もいわなかった。

これは左衛門ノ尉が子を救ってもらった恩返しに、医師を助けてやったのである。


平貞盛はあの平将門を滅ぼしたことで歴史上有名な人物だ。だがその割に人気がない。将門が今でも英雄扱いされるのに、貞盛はずるい策略で将門を陥れた陰険な人物と云う評価が定着している。

そんな貞盛の陰険さが良く表れているのがこの物語だ。腫れ物にかかった貞盛が、それを治すのに男の子の肝が効果があると聞き、こともあろうに自分の息子の嫁の孕んだのに目をつけて、其の此の肝をよこせと迫る、自分にとっては孫にあたる子供を殺して、其の此の肝を自分の病気の治療に用いようなどとは、いかにも人倫に反した話だ。

嘘か本当かは脇へ置いて、こんな話が伝わるほど、貞盛は人々から嫌悪されていたのである。


今昔、平ノ貞盛ノ朝臣ト云フ兵有ケリ。丹波ノ守ニテ有ケル時、其ノ国ニ有ケルニ、身ニ悪キ瘡ノ出タリケレバ、□ノ□ト云フ止事無キ医師ヲ迎ヘ下シテ見セケレバ、医師、此レヲ、「極ジク慎シムベキ瘡也。然レバ、児干ト云フ薬ヲ求メ□ 治スベキ也。其レハ人ニ知ラセヌ薬也。日来経バ其レモ聞難カリナム。疾ク求メ給フベキ也」ト云テ、外ナル所ニ出ヌ。

然レバ、守、我ガ子ノ左衛門ノ尉□ト云フヲ呼テ、「我ガ瘡ヲバ、疵ト此ノ医師ハ見テケリ。極キ態カナ。増シテ此ノ薬ヲ求メバ、更ニ世ニ隠レ有ラジ。然レバ、其ノ妻コソ懐任シタナレ。其レ我レニ得サセヨ」ト云フヲ、□聞クニ目モ暗テ、更ニ物思エズ。然リトテ惜ムベキ様無ケレバ、「早ウ疾ク召セ」ト答フレバ、貞盛、「糸喜シ。然ラバ其ハ暫シ外ニ御シテ葬リ儲ケヲセヨ」ト云ヒ固メツ。然テ□此ノ医師ノ許ニ行テ、「此ル事ナム有ル」ト泣々ク語レバ、医師モ此レヲ聞テ泣ヌ。

然テ云フ様、「此ノ事ヲ聞クニ、実ニ奇異シ。己構ヘム」ト云テ、舘ニ行テ、「何ゾ。薬ハ有ヤ」ト守ニ問ヘバ、守、「其レガ糸難クテ無キ也。然レバ左衛門ノ尉ノ妻ノ懐任シタルヲゾ乞得タル」ト答フレバ、医師、「其レヲバ何ニカセム。我ガ胤ハ薬ニ成ラズ。疾ク求替給ヘ」ト云ヘバ、守歎テ、「然ハ何ガ為ベキ。尋ネヨ」ト云フニ、人有テ、「御炊ノ女コソ懐任テ六月ニ成ヌレ」ト云ケレバ、「然ラバ、其レヲ疾ク取セヨ」ト云テ、間テ見ケレバ、女子ニテ有ケレバ棄テケリ。然レバ、外ニ亦求メテ、守、生キニケリ。

然テ、医師ニ吉キ馬・装束・米ナド員知ラズ取セテ返シ上ストテ、子ノ左衛門ノ尉ヲ呼テ蜜ニ云ク、「「我ガ瘡ハ疵ニテ有ケレバ、児干ヲコソ付テケレ」ト、世ニ弘ゴリテ聞エナムトス。公モ我レヲバ憑モシキ者ニ思シ食テ、夷乱レタリトテ、陸奥ノ国ヘモ遣サムトスナリ。其レニ、「其ノ人ニコソ射ラレニケレ」ト聞エムハ、極キ事ニハ非ズヤ。然レバ、此ノ医師ヲ構ヘテ失ナヒテムト思フヲ、今日京ヘ上セムニ、行会テ射殺セ」ト云ケレバ、左衛門ノ尉、「糸安キ事ニ候フ。罷上ラムヲ山ニ罷会テ、強盗ヲ造テ射殺シ候ヒナム。然レバ、夕サリ懸テ出シ立サセ給フベキ也」ト云ヘバ、守、「然ナヽリ」トテ、左衛門ノ尉、「其ノ構ヘ仕ラム」トテ忽ギ出ヌ。

然テ、忍テ左衛門ノ尉、医師ニ会テ、蜜ニ云ク、「然々ノ事ヲナム、守宣フ。其レヲバ何ガ為ベキ」ト云ヘバ、医師、「奇異」ト思テ、「只、何ニモ其ニ量ラヒテ助ケ給フベキ也」ト云ヘバ、左衛門ノ尉□ 云ク、「上給ハムニ、山ニテ、送リニ付ラルル判官代ヲバ馬ニ乗セテ、其ハ歩ニテ山ヲ越給ヘ。一日ノ事ノ、世々ニモ忘レ難ク喜ク候ヘバ、此ク告申ス也」ト。医師、手ヲ摺テ喜ブ。

然ル気無クテ出シ立レバ、酉時許ニ出立ヌ。左衛門ノ尉ガ教ヘツルマヽニ、山ニテ、医師馬ヨリ下テ、従者ノ様ニ成テ行クニ、盗人出来ヌ。盗人、馬ニ乗テ行ク判官代ヲ主ゾト思フ様ニテ構ヘタル事ナレバ、射殺シツ。従者共ハ皆逃テ散ニケレバ、医師、平カニ京ニ上着ニケリ。左衛門ノ尉ハ舘ニ返テ、射殺シツル由ヲ守ニ云ケレバ、守、喜テ有ケル間ニ、医師ハ存シテ京ニ有テ、判官代ヲ射殺シテケレバ、守、「此ハ何ニシタル事ゾ」ト問ケレバ、左衛門ノ尉、「医師歩ニテ従者ノ様ニテ罷ケルヲ知ラズシテ、判官代ガ馬ニ乗タルヲ、主ゾト思テ、錯テ射殺シツル也」ト云ケレバ、守、「現ニ」ト思テ、其ノ後ハ強ニモ云ハデ止ニケリ。然レバ、忽ニコソ左衛門ノ尉、医師ニ恩ヲ酬タリケレ。貞盛ノ朝臣ノ、婦ノ懐任シタル腹ヲ開テ、児干ヲ取ラムト思ケルコソ、奇異ク慚無キ心ナレ。
此レハ、貞盛ガ一ノ郎等、舘ノ諸忠ガ娘ノ語ケルヲ聞継テ、此ク語リ伝ヘタルトヤ。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




HOME今昔物語集次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2012
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである