日本語と日本文化


説話・語り物の世界


平家物語の世界
● 平曲と平家語り(平家物語の成立と琵琶法師たち)
● 祇園精舎:平家物語巻第一
● 殿上闇討:平家物語巻第一
● 鱸:平家物語巻第一
● 禿髪:平家物語巻第一
● 祇王:平家物語巻第一
● 鹿谷:平家物語巻第一
● 教訓状:平家物語巻第二
● 足摺:平家物語巻第三
● 有王:平家物語
● 競:平家物語巻第四
● 橋合戦:平家物語巻第四
● 鵺:平家物語巻第四
● 月見:平家物語巻第五
● 物怪の沙汰:平家物語巻第五
● 朝敵揃:平家物語巻五
● 文覚荒行:平家物語巻第五
● 文覚被流:平家物語巻第五
● 福原院宣:平家物語巻第五
● 富士川:平家物語巻第五
● 小督:平家物語巻第六
● 廻文:平家物語巻第六
● 入道死去:平家物語巻第六
● 祇園女御:平家物語巻第六
● 倶利迦羅落:平家物語巻第七
● 実盛:平家物語巻第七
● 忠度都落:平家物語巻第七
● 経正都落:平家物語巻第七
● 征夷将軍院宣:平家物語巻第八
● 猫間:平家物語巻第八
● 法住寺合戦:平家物語巻第八
● 宇治川先陣:平家物語巻第九
● 木曾最期:平家物語巻第九
● 坂落:平家物語巻第九
● 忠度最期:平家物語巻第九
● 敦盛最期:平家物語巻第九
● 知章最期:平家物語巻第九
● 千手:平家物語巻第十
● 維盛入水:平家物語巻第十
● 逆櫓:平家物語巻十一
● 嗣信最期:平家物語巻第十一
● 那須与一:平家物語巻第十一
● 弓流:平家物語巻第十一
● 鶏合壇浦合戦:平家物語巻第十一
● 先帝身投:平家物語巻第十一
● 能登殿最期:平家物語巻第十一
● 腰越:平家物語巻十一
● 土佐房:平家物語巻第十二
● 判官都落:平家物語巻第十二
● 六代:平家物語巻第十二
● 大原御幸:平家物語灌頂の巻
● 六道之沙汰:平家物語灌頂の巻
● 女院死去:平家物語灌頂の巻

太平記の世界
● 太平記読み(太平記の成立)
● バサラ(婆娑羅)の時代:太平記の世界
● 婆娑羅大名・佐々木道誉(太平記の世界)
● 楠木正成とは何者か(太平記の世界)
● 跳梁する悪党たち:中世的世界の形成
● 飢人投身事(太平記の世界)

今昔物語集
● 時平の大臣、國經大納言の妻を取る語(今昔物語集を読む)
● 左衞門尉平致經、明尊僧正を導きし語(今昔者物語集巻二十三)
● 陸奥前司橘則光、人を切り殺す語(今昔物語集巻二十三第十五)
● 相撲人大井光遠の妹、強力の語:今昔物語集巻二十三第廿四
● 女、醫師の家に行き瘡を治して逃ぐる語 巻二四第八
● 蛇に嫁ぐ女を醫師もなほせる語:今昔物語集巻二十四
● 安倍晴明、忠行に随ひて道を習ふ語 巻二十四第十六
● 玄象の琵琶、鬼の爲に取らるる語:今昔物語集巻二十四第廿四
● 源宛と平良文と合戰ふ語:今昔物語集巻二十五第三
● 藤原保昌朝臣、盗人袴垂に値へる語:今昔物語集巻二十五第七
● 藤原親孝、盗人の爲に質に捕られ、頼信の言に依りて免されし語:今昔物語集巻二五第十一
● 源頼信朝臣の男頼義、射殺馬盗人を射殺せる語:今昔物語集巻二十五第十二
● 東の方へ行く者、蕪を娶ぎて子を生む語:今昔物語集巻二十六第二
● 土佐國の妹兄、知らぬ島に行きて住む語:今昔物語集巻二六第十
● 參河の國に犬頭糸を始むる語:今昔物語集巻二六第十一
● 利仁の將軍、若き時京より敦賀へ五位を將て行く語:今昔物語集巻二六第十七
● 産女、南山科に行きて鬼に値ひて逃げし語:今昔物語集巻二七第十五
● 近江國の生靈、京に來たりて人を殺す語:今昔物語集巻二七第二十

    


HOME

  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである