日本語と日本文化


浅茅が宿(一):雨月物語


 下総の國葛錺都眞間の郷に、勝四郎といふ男ありけり。祖父より舊しくこゝに住み、田畠あまた主づきて家豊かに暮しけるが、生長りて物にかゝはらぬ性より、農作をうたてき物に厭ひけるまゝに、はた家貧しくなりにけり。さるほどに親族おほくにも疎じられけるを、朽をしきことに思ひしみて、いかにもして家を興しなんものをと左右にはかりける。其の比雀部の曾次といふ人、足利染の絹を交易するために、年々京よりくだりけるが、此郷に氏族のありけるを屡來訪らひしかば、かねてより親しかりけるまゝに、商人となりて京にまうのぼらんことを頼みしに、雀部いとやすく肯がひて、いつの比はまかるべしと聞えける。他がたのもしきをよろこびて、殘る田をも販りつくして金に代へ、絹素あまた買積みて、京にゆく日をもよほしける。

 勝四郎が妻宮木なるものは、人の目とむるばかりの容に、心ばへも愚かならずありけり。此の度勝四郎が商物買ひて京にゆくといふをうたてきことに思ひ、言をつくして諌むれども、常の心のはやりたるにせんかたなく、梓弓末のたづきの心ぼそきにも、かひがひしく調らへて、其の夜はさりがたき別れをかたり、かくてはたのみなき女心の、野にも山にも惑ふばかり、物うきかぎりに侍り。朝に夕べにわすれ玉はで、速く歸り給へ。命だにとは思ふものゝ、明をたのまれぬ世のことわりは、武き御心にもあはれみ玉へといふに、いかで浮木に乘りつもしらぬ國に長居せん。葛のうら葉のかへるは此の秋なるべし。心づよく待玉へといひなぐさめて、夜も明けぬるに、鳥が啼く東を立ち出て京の方へ急ぎけり。

 此の年、享徳の夏、鎌倉の御所成氏朝臣、管領の上杉と御中放けて、舘兵火に跡なく滅びければ、御所は総州の御味方へ落させ玉ふより、関の東忽ちに乱れて、心々の世の中となりしほどに、老いたるは山に逃竄れ、弱きは軍民にもよほされ、けふは此所を燒きはらふ、明は敵のよせ來るぞと、女わらべ等は東西に迯げまどひて泣きかなしむ。勝四郎が妻なるものも、いづちへも遁れんものをと思ひしかど、此の秋を待てと聞えし夫の言を頼みつゝも、安からぬ心に日をかぞへて暮しける。秋にもなりしかど風の便りもあらねば、世とゝもに憑みなき人心かなと、恨みかなしみおもひくづをれて
  身のうさは人しも告げじあふ坂の夕づけ鳥よ秋も暮ぬと

 かくよめれども、國あまた隔てぬれば、いひおくるべき傳もなし。世の中騒がしきにつれて、人の心も恐しくなりにたり。適間とふらふ人も、宮木がかたちの愛たきを見ては、さまざまにすかしいざなへども、三貞の賢き操を守りてつらくもてなし、後は戸を閉てて見えざりけり。一人の婢女も去りて、すこしの貯へもむなしく、其の年も暮ぬ。


(現代語訳)
下総の国葛飾郡真間の里に、勝四郎という男があった。祖父の代より久しくここに住み、田畑を多く所有して豊かに暮らしていたが、生まれつき呑気な性格なので、農作業を面倒くさがって嫌っているうちに、貧乏になってしまった。そのうちに親戚たちにも疎んじられるのを悔しく思い、どうにかして家を再興しようと思案をめぐらせた。その頃、雀部の曽次と言う人が、足利染の絹を商うために年々京からきていたが、この里に親戚があるのを頼りにしばしばやって来た。勝四郎とは親しくしていたので、商人になって都に行きたいと頼んだところ、雀部は気軽に引き受け、いついつの頃にまいりましょう、と言ってきた。勝四郎はそれを頼もしく思い、残りの田も売りつくして金に代え、絹布を沢山仕入れて、京に行く日のために準備をした。

勝四郎の妻宮木は、人目をひく美貌で、心栄えもしっかりしていた。このたび勝四郎が商品を仕入れて都へ行くというのを困ったことに思い、言葉を尽くして戒めたが、日頃浮ついている心が、更にはやって手が付けられないので、行く末が心細い限りではあったが、かいがいしく旅の準備を調えて、その夜は別れをしのんで語り合った。「このようにも頼りない女ごころは、野にも山にも惑うばかりで、つらい限りです。朝に夕に私を忘れず、早く帰ってきてください。命さえあればまた会えると思いますが、明日を頼めぬのが世のことわりです、勇ましい心にも私を哀れんでください」、そう宮木が言うと勝四郎は、「どうして浮き木に乗ったような不安な気分で他国に長居しようか。葛の葉が裏返る秋には帰ってこよう。気持をしっかり持って待っていなさい」と言い慰めて、夜の明けないうちに、鳥が鳴く東を発って京のほうへと急いだのだった。

この年享徳の夏に、鎌倉公方の足利成氏が管領の上杉と不和になって、戦火で公方の館が跡もなく焼き滅ぼされたので、公方は下総の味方を頼って落ち延びた。それ以来、関東はたちまち乱れて、人びとは分裂してバラバラになってしまった。年寄りは山に逃げ隠れ、若者は兵に刈り出され、今日はここを焼き払う、明日は敵が寄せ来るというので、女子どもは東西に逃げ惑って泣き悲しんだ。勝四郎の妻も、どこかへ逃れようかとは思ったが、この秋まで待てという夫の言葉を頼りにして、不安な心で日を数えて暮らしていた。ところが秋になっても風の便りもないので、恨み悲しみ、思い崩れて、次のような歌を読んだ。
  身のうさは人しも告げじあふ坂の夕づけ鳥よ秋も暮ぬと

このように読んだものの、多くの国を隔てていたので、言い送るべき方法もない。世の中が騒がしくなるにつれ、人の心も恐ろしくなった。たまたま訪れてくる人も、宮木が美貌を見て、さまざまに言い寄ったが、かたく操を守って冷淡にあしらい、その後は戸を閉めて姿をあらわさなかった。一人いた侍女も去り、すこしばかりの蓄えもなくなり、その年も暮れた。


(解説)
「浅茅が宿」は、妻と別れ異郷で暮らしていた夫が数年ぶりに戻ってくると、死んでいたと思っていた妻が生きていて、自分の帰りを喜んでくれたが、実はそれは妻の亡霊であった、という話だ。同じような話が「今昔物語集」巻二七第廿四「人妻、死して後に、本の形に成りて旧夫に會ひし語」にあるので、秋成はそれを参照したと思われるが、直接的には、明代の白話小説集「剪灯新話」の中の「愛卿伝」を下敷きにしたと言われる。

時代背景は、応仁の乱前後の、日本が大いに乱れた時期である。まず足利幕府と鎌倉公方の対立があり、それに続いて畠山の内紛やら、細川と山名の対立やらが起り、国中が内乱に見舞われた。そんな物騒な時期に商売のため京に行った男が、そこで足止めを食らわされて七年の間妻のいる故郷を留守にした。そして七年後に故郷に帰って見ると・・・というような設定になっている。

舞台として下総の国の葛飾郡真間の里が選ばれているが、これは後に言及する真間の手古奈の物語を導入する為の複線であるとともに、下総の国が関東の内乱がもっとも激しかったという事情も踏まえているのだろうと思われる。この時期の下総の内乱の様子は、名著「利根川図誌」に詳しい。

なおこの話は、溝口健二の映画「雨月物語」に、「蛇性の淫」ともども取り入れられている。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME雨月物語次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2016
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである