日本語と日本文化


女、乞匂ニ捕ヘラレテ子ヲ棄テテ逃グル語 今昔物語集巻二九第二十九


今は昔、某というところの山の中に、乞食が二人歩いていたが、その前を子を負った女が歩いておった。女は乞食どもが後ろから近づいてくるのを見ると、脇に立って乞食どもをやり過ごそうとしたが、乞食どもは、「いいから早く行け」といって、前に出ないので、女が再び歩き始めると、いきなり襲ってきた。

人気のない山中のことゆえ、どうすることもできず、「なにをなさいます」というと、乞食の一人が「あっちへ行け、言うことがある」といって、山の中へ女を連れ込んだ。もう一人の乞食は、脇で見張りをしている。女が「あまり乱暴なさらないでください、申し上げることがあります」というと、乞食が「よし、いってみろ」というので、女は「山中とはいえ、こんなところで何するのは、はばかりがあります、柴をたてて周りを囲んでください」といった。乞食は言うことを聴いて、木の枝などを取り集めて囲いを作った。その間、もう一人の乞食は女に逃げられないよう道を塞いでいた。

女は、「逃げなどいたしません、でもわたしは朝からおなかの具合が悪くて、どこやらで用を足しとう存じます、しばらくお許しください」といったが、乞食はだめだという。そこで、「では、この子を人質に置いていきます、わが身にまして可愛く思っている子です、世の中に子に勝る大切なものはございません、この子を捨てて逃げるようなことはいたしません、ただおなかの具合が悪くてしょうがないのです、先ほどもあなたたちをやり過ごして用を足そうと思ったのです」

こう女が言うと、乞食はその子を抱きかかえて、「早く戻ってくるのだぞ」といった。女は、「ずっと遠ざかってから、用を足すふりをして、そのまま逃げてしまおう」と思いつつ、そのまま走りに走って、道路沿いに出たのだった。

そのとき、武装をして馬に乗った侍が四五人通りかかった。女があえいでいるのを見ると、「何故慌てているのだ?」と聞くに、女はそのわけを話した。侍たちは、「そいつらはどこだ」といって、女に教えられたとおりに馬を走らせ、先ほどのところにやってきた。すると柴をかけて囲いとした一角に、子どもが八つ裂きにされて死んでいた。

この女は、「たとえ子どもの命にかけても、乞食には手篭めにされぬ」と思って、子を捨てて逃れたのである。その心意気に、侍たちも感心したのだった。


山中乞食どもにとらえられた女が、自分の子を人質にして逃げた話である。女は子の命にかえて自分の操を守ったことになっているが、それにしても釈然としない話だ。だいたい、子ども連れの女が独りで山中を行くこと自体、この時代には無謀なことだったはずだ。


今昔、□ノ国□ノ郡ニ有ル山ヲ、乞匂二人烈テ通ケルニ、前ニ子ヲ負タル若キ女行ケリ。女、此ノ乞匂共ノ後ニ近ク来ルヲ見テ、傍ニ立寄テ過サムトシケルニ、乞匂共立留テ、「只疾ク行ケ」ト云テ、前立タザリケレバ、女尚前ニ行ヲ、一人ノ乞匂走寄テ、女ヲ捕ヘツ。

女、人モ無キ山中ナレバ、辞ブベキ様モ無クテ、「此ハ何ニシ給フゾ」ト云ケレバ、乞匂、「去来彼ヘ。云フベキ事ノ有ル也」ト云テ、山中ヘ只引ニ引入レバ、今一人ノ乞匂ハ、傍ニ見立テリ。女ノ云ク、「此ク半無クナシ給ソ。云ハム事ハ聞ム」ト云ヘバ、乞匂、「吉々シ。然ラバ去来」ト云フニ、女ノ云ク、「山中也トモ、何デカ此ル所ニテハ人ニ物ヲバ云ハム。柴ナドヲ立テヽ、廻ヲ隠セ」ト云ケレバ、乞匂、「現ニ」ト思テ、木ノ枝ノ滋ヲ伐下シナド為ルニ、今一人ノ奴ハ、「女モゾ逃ル」ト思テ、向ヒ立テリ。

女、「ヨモ逃ゲジ。但シ、我レ今朝ヨリ腹ヲ術無ク病テナム有ルヲ、「彼ニ罷テ返テ来ム」ト思フニ、暫ク免シテムヤ」ト云ケレバ、乞匂、「更ニ免サジ」ト云ケレバ、女、「然ハ、此ノ子ヲ質ニ置タラム。此ノ子ハ、我ガ身ニモ増テ思フ者也。世ニ有ル人、上モ下モ、子ノ悲サハ皆知ル事也。然レバ、此ノ子ヲ棄テヨモ逃ゲジ」ト、「只腹ヲ術無ク病テ隙無キ事ノ有レバ、彼ニテモ「留ラム」ト思テ、立留テ過シ申サムトハシツル也」ト云ケレバ、乞匂、其ノ子ヲ抱キ取テ、「然リトモ、ヨモ子ヲ棄テハ逃ゲジ」ト思ケレバ、「然ラバ、疾ク行テ返来」ト云ケレバ、女、「遥ニ行テ、其ノ事構フル様ニ見セテ、ヤガテ子ヲモ知ラズ逃ナム」ト思テ、走ニ走テ逃ケレバ、道ニ走リ出ニケリ。

其ノ時ニ、調度負テ馬ニ乗タル者、四五人打群テ会タリ。女ノ喘タキテ走ルヲ見テ、「彼レハ何ド走ルゾ」ト問ケレバ、女、「然々ノ事ノ侍テ逃ル也」ト云ケレバ、武者共、「イデ、何クニ有ルゾ」ト云テ、女ノ教ヘケルマヽニ、馬ヲ走セテ山ニ打入テ見ケレバ、有ツル所ニ柴ヲ立テ、其ノ子ヲバ二ツ三ツニ引破テナム逃テ去ニケル。然レバ、甲斐無クテ止ニケリ。女ノ、「子ハ悲ケレドモ、乞匂ニハ否近付カジ」ト思テ、子ヲ棄テ逃タル事ヲゾ、此ノ武者共、讃メ感ジケル。然レバ、下衆ノ中ニモ、此ク恥ヲ知ル者ノ有也ケリ。此ナム語リ伝ヘタルトヤ。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




HOME今昔物語集次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2012
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである