日本語と日本文化


藤原保昌朝臣、盗人袴垂に値へる語:今昔物語集巻二十五第七


今は昔、世に袴垂という盗賊の大将軍があった。心太く、力強く、足早く、手先が起用で、思慮深かった。万人から隙をうかがって物を奪い取ることを、役目としていた。

十月頃のこと、着る物を手に入れようと、方々を物色するうち、夜中の、人が寝静まって月もおぼろな頃合、衣装を何枚も着こんだ人が、指貫らしく見える袴の裾を手挟み、なよやかな狩衣姿で、大路をただひとり、笛を吹きながら、そろりそろりと歩いていた。

それを見た袴垂は、「これは自分に衣をくれるために現われたに違いない」と、喜んで走りかかり、打ち伏せて衣を剥ぎ取ろうと思った。だがその人はなんとなく恐ろしそうなので、寄り添ったまま二三町ばかり歩いていくと、自分を気にする様子も見られず、いよいよ静かに笛を吹き続けている。袴垂は試しに足音を高くして走り寄ってみたが、なおびくともしない。笛を吹いたままこちらを見返した様子が、毅然としていたので、走りのかざるを得なかった。

こうして何度か驚かそうとしてみたが、一向に動揺する様子もない。袴垂は、「これは大変な奴だ」と思いながら、十数町ついていった。そのうち、「そうとばかりもしておられまい」と思い、刀を抜いて走りかかった。すると相手は笛を吹きやめて「お前は何者だ」といった。

たとえ相手が鬼であっても、一人しかいないのだから、恐ろしいこともないはずなのに、どうしたわけか、心も肝も消え入るばかりに恐ろしい、こう思った袴垂は、我を忘れて立ち尽くしたのだった。

相手は更に自分の名を聞いてくる、そこでもう逃げられまいと観念した袴垂が、「追剥でござる、名を袴垂と申す」と答えると、相手は「そういえば聞いたことのある名だ、珍しい奴だ、一緒について来なさい」といって、また同じように笛を吹きながら歩き始めた。

その人の様子をよく見ると、普通の人ではない。まるで鬼に魅入られているような気持ちでついていくと、大きな家の門の中に入っていった。そして履のままで縁側に上ったので、この家の主人だなと感じるうち、家の中から出てきて、袴垂を召して、綿入れの衣を与えると、「今後も欲しいものがあったら、参って申せ、人のものを奪うのはやめろ」といって、再び中に入った。

家の主を確かめると、摂津前司保昌という人の家であった。あれが音に聞こえた保昌だったのか、と思うと、生きた心地もしないのであった。

その後、捕らえられたとき、袴垂は保昌について、「なんとも気味の悪い、恐ろしい人でした」と語ったそうだ。

この保昌は、代々の武士の家に生まれたのではなく、某という人の子である。しかし本当の武士に劣らず、心太く、手がきき、力も強く、思慮深かったので、お上もこの人を武士として召し使ったのだった。

世の人で、この人を恐れぬものはなかったほどだったが、子孫を残すことはなかった。もともと武門ではなかったせいかもしれぬ。


袴垂は平安時代の伝説的な盗賊で、その名を知らないものがいないほど有名であった。その袴垂をへこますのであるから、この物語の主人公藤原保昌とは、無類の英雄であったことがわかる。

それもそのはず、保昌は源頼光の四天王のひとりとして、大江山の酒呑童子を討つなど、武略に優れていた。

であるから、大盗賊として豪胆であった袴垂でさえ、その迫力の前にはなすすべもなく降参してしまったのである。

この物語は、保昌の武勇を強調するために、わざわざ袴垂を持ってきたのだろう。同じ趣旨の話が宇治拾遺物語の中にも出てくるが、宇治拾遺物語ではなぜか、袴垂は保輔といって、保昌の弟ということにされている。


今は昔、世に袴垂と云ふいみじ盗人の大將軍有りけり。心太く、力強く、足早く、手聞き、思量賢く、世に並無き者になむ有りける。萬人の物をば隙を伺ひて奪ひ取るを以て役とせり。

 其れが、十月ばかりに、衣の要有りければ衣少し儲けむと思ひて、さるべき所々を伺ひ行きけるに、夜半ばかりに、人皆寢靜まりはてて、月のおぼろなりけるに、大路にすずろに衣の數た着たりける主の、指貫なめりと見ゆる袴のそば挾みて、衣の狩衣めきてなよよかなるを着て、只獨り笛を吹きて、行きも遣らず練り行く人有りけり。袴垂是れを見て、「哀れ、此れこそ我れに衣得させに出で來たる人なめり」と思ひければ、喜びて走り懸かりて、打ち臥せて衣を剥がむと思ふに、怪しく此の人の物恐ろしく思えければ、副ひて二三町ばかりを行くに、此の人、「我れに人こそ付きにたれ」と思ひたる氣色も無くて、いよいよ靜かに笛を吹きて行けば、袴垂、試みむと思ひて、足音を高くして走り寄りたるに、少しも騒ぎたる氣色も無くて、笛を吹きながら見返りたる氣色、取り懸かるべくも思えざりければ、走りのきぬ。

 かやうに、數た度、とざまかうざまにするに、塵ばかり騒ぎたる氣色も無ければ、「此れは希有の人かな」と思ひて、十餘町ばかり具して行きぬ。「さりとて有らむやは」と思ひて、袴垂、刀を抜きて走り懸かりたる時に、其の度、笛を吹き止めて、立ち返りて、「此は何者ぞ」と問ふに、譬ひ何ならむ鬼なりとも神なりとも、かやうにて只獨り有らむ人に走り懸かりたらむ、さまで怖ろしかるべき事にも非ぬに、此はいかなるにか、心も肝も失せて只死ぬばかり怖ろしく思えければ、我れにもあらでついゐられぬ。「いかなる者ぞ」と重ねて問へば、「今は逃ぐとも逃るまじかめり」と思ひて、「引剥に候ふ」と、「名をば袴垂となむ申し候ふ」と答ふれば、此の人、「しか云ふ者世に有りとは聞くぞ。あやふげに希有の奴かな。共に詣で來」とばかり云ひ懸けて、亦同じやうに笛を吹きて行く。

 此の人の氣色を見るに、「只人にもあらぬ者なりけり」と恐ぢ怖れて、鬼神に取らると云ふらむやうにて、何も思はで共に行きけるに、此の人、大きなる家の有る門に入りぬ。沓を履きながら延の上に上りぬれば、「此れは家主なりけり」と思ふに、内に入りて即ち返り出でて、袴垂を召して、綿厚き衣一つを給ひて、「今よりもかやうの要有らむ時は、參りて申せ。心も知らざらむ人に取り懸かりては、汝誤たるな」とぞ云ひて、内に入りにける。

 其の後、此の家を思へば、號を摂津前司保昌と云ふ人の家なりけり。「此の人もさなりけり」と思ふに、死ぬる心地して、生きたるにもあらでなむ出でにける。

其の後、袴垂捕へられて語りけるに、「あさましく、むくつけく、怖ろしかりし人の有樣かな」と云ひけるなり。 此の保昌朝臣は、家を繼ぎたる兵にもあらず。□と云ふ人の子なり。而るに、つゆ家の兵にも劣らずとして、心太く、手聞き、強力にして、思量の有る事もいみじければ、公も此の人を兵の道に仕はるるに、聊か心もと無き事無かりき。されば世に、なびきて此の人を恐ぢ迷ふ事限り無し。但し子孫の無きを、「家にあらぬ故にや」と人云ひけるとなむ、語り傳へたるとや。


    

  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME説話の世界今昔物語集次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2011
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである