日本語と日本文化


川端康成:作品論


川端康成の創作態度の特徴は、ひとつの整然とした構想に基づいてまとまりのある物語を書こうという意図を持たないということだ。事前に用意した確固たる構想にしたがって物語を展開していくのではなく、いくつかの短い物語の間に関連性を見つけて、それをもとに事後的に物語に仕立てあげる、そういうタイプの創作態度を、川端はとっているかのようである。「雪国」にしろ、「山の音」にしろ、完成までに異常に長い時間をかけているのは、その現われであるといえる。

山の音:川端康成の背徳小説
雪国:川端康成と官能の遊び
伊豆の踊子:川端康成の揺れる視線




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




HOME日本文学覚書





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2013
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである