日本語と日本文化


吉備津の釜(一):雨月物語


 妬婦の養ひがたきも、老いての後其の功を知ると、咨これ何人の語ぞや。害ひの甚しからぬも商工を妨げ物を破りて、垣の隣の口をふせぎがたく、害ひの大なるにおよびては、家を失ひ國をほろぼして、天が下に笑を傳ふ。いにしへより此の毒にあたる人幾許といふ事をしらず。死して蟒となり。或は霹靂を震ふて怨を報ふ類は、其の肉を醢にするとも飽くべからず。さるためしは希なり。夫のおのれをよく脩めて教へなば、此の患おのづから避くべきものを、只かりそめなる徒ことに、女の慳しき性を募らしめて、其の身の憂をもとむるにぞありける。禽を制するは氣にあり。婦を制するは其の夫の雄々しきにありといふは、現にさることぞかし。

 吉備の國賀夜郡庭妹の郷に、井沢庄太夫といふものあり。祖父は播磨の赤松に仕へしが、去ぬる嘉吉元年の乱に、かの舘を去りてこゝに來り、庄太夫にいたるまで三代を經て、春耕し、秋収めて、家豐かにくらしけり。一子正太郎なるもの農業を厭ふあまりに、酒に乱れ色に酖りて、父が掟を守らず。父母これを歎きて私にはかるは、あはれ良き人の女子の顔よきを資りてあはせなば、渠が身もおのづから脩まりなんとて、あまねく國中をもとむるに、幸に媒氏ありていふ。吉備津の神主香央造酒が女子は、うまれだち秀麗にて、父母にもよく仕へ、かつ歌をよみ、箏に工みなり。從來かの家は吉備の鴨別が裔にて家系も正しければ、君が家に因み玉ふは果吉祥なるべし。此の事の就んは老が願ふ所なり。大人の御心いかにおぼさんやといふ。

 庄太夫大に怡び、よくも説かせ給ふものかな。此の事我が家にとりて千とせの計なりといへども、香央は此の國の貴族にて、我は氏なき田夫なり。門戸敵すべからねば、おそらくは肯がひ給はじ。媒氏の翁笑をつくりて、大人の謙り給ふ事甚し。我かならず万歳を諷ふべしと、徃きて香央に説けば、彼方にもよろこびつゝ、妻なるものにもかたらふに、妻もいさみていふ。我が女子既に十七歳になりぬれば、朝夕によき人がな娶せんものをと、心もおちゐ侍らず。はやく日をえらみて聘礼を納れ玉へと、強にすゝむれば、盟約すでになりて井沢にかへりことす。即て聘礼を厚くとゝのへて送り納れ、よき日をとりて婚儀をもよほしけり。

 猶幸を神に祈るとて、巫子祝部を召しあつめて御湯をたてまつる。そもそも當社に祈誓する人は、數の祓物を供へて御湯を奉り、吉祥凶祥を占ふ。巫子祝詞をはり、湯の沸き上るにおよびて、吉祥には釜の鳴る音牛の吼ゆるが如し。凶きは釜に音なし。是を吉備津の御釜祓といふ。さるに香央が家の事は、神の祈けさせ給はぬにや、只秋の虫の叢にすだくばかりの聲もなし。こゝに疑ひをおこして、此の祥を妻にかたらふ。妻更に疑はず。御釜の音なかりしは祝部等が身の清からぬにぞあらめ。既に聘礼を納めしうへ、かの赤縄に繋ぎては、仇ある家異なる域なりとも易ふべからずと聞くものを。ことに井沢は弓の本末をもしりたる人の流にて、掟ある家と聞けば、今否むとも承がはじ。ことに佳婿の麗なるをほの聞きて、我が兒も日をかぞへて待ちわぶる物を。今のよからぬ言を聞ものならば、不慮なる事をや仕出ん。其のとき侮るともかへらじと言を尽して諌むるは、まことに女の意ばへなるべし。香央も從來ねがふ因みなれば深く疑はず。妻のことばに從ひて婚儀とゝのひ、兩家の親族氏族、鶴の千とせ、亀の万代をうたひことぶきけり。


(現代語訳)
手に負えないほど嫉妬深い女も、老いて後そのよさがわかるなどと、ああ誰がそんなことを言ったか。それほど害のひどくない場合でも、商売の邪魔をし物を破壊し、隣人の噂の種となるのをどうしようもない。害がひどい場合には、家を失い国を滅ぼし、天下の笑いものとなる。昔からこの災いにあたるものは数知れない。死後ミズチとなって災いを及ぼし、天地を鳴動させて恨みを晴らすものは、その肉を塩漬けにしても足りない。だがそういう例は稀だ。夫が妻をよく修めて教えてやれば、こんな災いは避けられるものである。ただちょっとした浮気心から、女の嫉妬深い性を募らせ、自分の身の憂いを招きよせるのだ。「禽獣を制するのは気合である、妻を制するのは夫の雄々しさである」というのは至極もっともなことである。

吉備の国賀夜郡庭妹の郷に、井沢庄太夫というものがあった。祖父は播磨の赤松に仕えていたが、さる嘉吉元年の乱に、そこを去ってこの地に来り、庄太夫にいたるまで三代の間、春耕し、秋収穫し、豊かに暮らしていた。ところが一子正太郎は農作業を嫌うあまりに、酒に乱れ色に耽って、父親の言いつけを守らない。父母はこれを嘆いてひそかに相談し、「ああ、良家の娘で器量のいいのを娶らせたら、あいつの身もおのずからおさまるだろう」と言って、国中あまねく求めたところ、幸いに仲人役が現れてこう勧めた。「吉備津の神主香央造酒の娘は、生まれつき美しく、両親にもよく仕え、かつ歌を読み、琴も上手だ。もともとその家は吉備の鴨別氏の流れで家柄も正しい。あなたの家の親戚としては上々だ。わしはこの縁談をまとめたいと思うが、そなたの気持はどうじゃ」

庄太夫は大いに喜び、「よく言ってくれました。これは我が家にとって千年に一度のことです。だが、香央はこの国の貴族なのに我が家はただの百姓です。家柄がつりあわないので、先方では承知しないでしょう」と言った。すると仲人の老人は笑い顔で、「そう心配しなさるな。わしがかならずまとめよう」と言って、香央のもとへ赴いて説得したところ、先方では喜んで妻にも相談した。妻も乗り気になって、「あの子はもう十七歳になりますので、朝夕良い人に娶わせたいものだと心の休まることがありませんでした。早く婚儀の日をまとめて、結納をかわしましょう」としきりにいうので、早くも婚約が成立して、老人はその由を井沢にも知らせた。その後すぐに結納の品々を取り揃えて贈り納め、吉日を選んで婚礼を催した。

香央の家ではさらに、幸運を神に祈る為に、巫子祝部を集めて神にお湯を奉納する儀式を行った。そもそもこの神社に祈願する人は、多くの供え物とともにお湯を奉納して吉凶を占うことが慣わしであった。そこで巫子祝部が祝詞を述べ、湯を沸かした。吉ならば湯釜が牛の吼えるような音を出す。凶ならば釜は音を立てない。これを称して人々は吉備津の御釜祓と言っている。ところが香央の家では、神が祝福しないからか、秋の虫が叢ですだくほどの小さな音もしない。香央は怪しんで、妻に相談したところが、妻のほうでは怪しむ様子がない。「お釜の音がしなかったのは、祝部らの身が穢れていたからでしょう。もはや結納を取交わし、あの赤縄で結ばれたうえは、仇敵同士といえども撤回すべきでないといいます。とくに先方の家は武士の末裔で、掟に厳しい家柄です。いまさら撤回しても承知しないでしょう。婿殿が麗しいと聞いて、娘も日を数えて婚礼を待っています。いまさらだめだといわれたら、どんなことをするかしれません。そのときに悔やんでもとりかえしがつきません」と言って、夫を諌めた。じつに女らしい気配りといえよう。香央もまたもともと願っていたことなので、妻の言葉に従って婚儀を調え、両家の親族一同、この結婚を盛大に祝ったのだった。


(解説)
「吉備津の釜」は、貞淑な妻をだました挙句に捨てて遊女と駆け落ちをした夫に、妻が死後に復讐するという物語。死んだ妻は悪鬼となって夫を殺そうとするが、夫は陰陽師の救いを求めてまじないのお札を家に貼り、悪鬼を近づけない。しかしふとした油断からまじないの効力が切れてしまい、ついに悪鬼にさらわれてしまうという筋だ。

男が女の亡霊に取り付かれることや、それをまじないの札で防ぐというアイデアは、中国の白話小説「牡丹灯記」から借りていると指摘できる。しかし細部はかなり異なる。妻が嫉妬のあまり悪鬼となって夫を殺そうとするところは、「日本霊異記」の「女人悪鬼見点被食噉縁」の影響が認められ、またこの二人の結婚について吉備津の釜で占う点については、日本の古い伝説を物語のなかに取り入れたと指摘できる。要するに秋成は、さまざまな材料を組み合わせながら、彼独自の怪談の世界を作り上げたと言えよう。

吉備津の釜払いは実際に行われていた風習だった。吉備津の釜を沸かして吉凶を占うというもので、吉であれば釜は牛の鳴き声のような音をたて、凶であれば沈黙したままだというのは、この物語の本文にあるとおりである。この吉備津の釜を物語に取り入れる伏線として、若妻の家を吉備津の神職としたのだろう。

この釜払いの結果凶と出たにかかわらず、娘の両親が結婚をとりやめなかったところがこの物語の一つのミソである。物語の時代にあっては、結婚は家と家との結びつきであり、家柄のつりあいは無論、縁起も尊重されたはずだが、ここでは両親は、娘が相手の男を気に入っていることを理由に、家柄の不釣合いや縁起の悪さを無視するかたちで娘の結婚を進めている。その結果は、娘には不幸な結末が待っていたわけだ。それはある意味必然の結果だったのだが、それにもかかわらず、両親が娘の結婚をすすめたことには、当時の読者は驚きに近い感情を抱いたに違いない。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME雨月物語次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2016
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである