日本語と日本文化


促音(つっぱった言い方)


促音とは、「つっぱり」とか「あっさり」とかいうように、つまった或はつっぱった音のことをさしていう。言語符号としては、「つ」を小さくした「っ」を用いてあらわす。現代の日本語においては、長音と並んで若者たちの受けがよく、「やっちゃった」とか「ぶっとばすぞ」という具合に、極く気軽に使われる。また、「ぎょっ」とか、「はっはっ」という具合に、促音を単独に用いて、ことさらな効果を狙う使い方も横行している。

促音が日本語に現れたのは、拗音と同じく、平安時代であった。これには、やはり漢語の受容が引き金役を果たしている。

当時の漢語にも、四声というものがあって、現代中国語の四声とはだいぶ違ってはいたらしいが、そのうちの一つに入声というものがあった。入声音とは、語尾がp, t, k などの子音で終わる音をいい、短く詰って発音された。十 jip, 易 yek, 仏 but, などがそれに当たる。日本人は、これらをそれぞれ、ジフ、エキ、ブツと表現したが、発音に当たっては、中国音に近く発音したようである。これらの音、たとえば「仏」が続く音節「は」と結びついたとき、「仏は」は「ブッタ」と発音され、また「仏を」は「ブット」と発音されるようになり、いまでいう促音が生じたのである。

P, t, k, の音はいづれも破裂音であるが、摩擦音たる s の音についても促音の現象がおこった。それがいつの頃からか、明らかにはしないが、「一種」や「発生」のような漢語にまず起こり、「あっさり」のような和語に広がっていったのではないか。室町時代の頃には、促音全盛ともいえる状況が生じ、説教節などの口述文学や民衆芸能の世界を彩ったのである。

さて、日本語の促音のもととなった漢語の入声音はその後消滅し、現代中国語の普通話においては認めることができない。また、ロシア語においても、促音に相当する音はない。フランス語においては、詰る音もないわけではないが、どちらかといえば、好んで使われる音ではない。促音が盛んなのは、英語やドイツ語であるが、それでも耳障りになるほど、音を破裂させたり摩擦させたりはしない。

こんな訳で、促音は日本語の大きな特徴のひとつとなっており、小さな女の子でも「ぶっとばす」とか「ぎょっとした」とかの言い方を、何気なくしている。筆者などはそんな言葉遣いを聞くと、それこそ「ぎょっと」させられることがある。促音は、時として言葉に力強さをもたらすが、あまりエレガントな音とはいえないようだ。


    


前へHOME日本語を語る(歴史編)次へ

  
.

検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである