日本語と日本文化


方丈記(十四)


夫、人の友とあるものは、富めるをたふとみ、懇ろなるを先とす。必ずしも情あるとすなほなるとをば不愛。只絲竹、花月を友とせむにはしかじ。人の奴たるものは、賞罰のはなはだしく、恩顧厚きを先とす。更にはぐくみあはれむと、やすくしずかなるをば願はず、只わが身を奴婢とするにはしかず。いかが奴婢とするならば、若しなすべきことあれば、すなはちおのづから身をつかふ。たゆからずしもあらねど、人を従へ、人をかへりみるよりはやすし。若し歩くべき事あれば、みづから歩む。苦しといへども、馬鞍、牛車と心を悩ますにはしかず。

今一身をわかちて。二つの用をなす。手の奴、足の乗物、よくわが心にかなへり。心身のくるしみを知れゝば、苦しむ時は休めつ、まめなれば使ふ。使ふとてもたびたび過ぐさず。物うしとても、心を動かす事なし。いかにいはむや、常に歩き、常に働くは、養生なるべし。なんぞいたづらに休み居らむ。人を惱ます、罪業なり。いかゞ他の力をかるべき。

衣食のたぐひ、又同じ。藤の衣、麻の衾、得るに隨ひて肌を隠し、野邊のおはぎ、嶺の木の實、わづかに命をつぐばかりなり。人にまじらはざれば、姿を耻づる悔もなし。糧乏しければ、おろそかなる報をあまくす。総てかやうの樂しみ、富める人に對していふにはあらず、たゞわが身一つにとりて、昔今とをなぞらふるばかりなり。

(文の現代語訳)
それ、人が友人を選ぶときは、富者を尊重し、身近に行き来している者を大事にする。かならずしも情ある人や率直な人を愛するわけではない。だがそれなら、絲竹や花月を友としたほうがましである。人に召し使われている者は、賞与が多く、物をくれる人を大事にする。可愛がってくれるとか、平穏無事であることを願ったりはしないものだ。だがそれなら、自分自身を自分の召使にしたほうがましである。どのように自分を召し使うかというと、もしなすべきことがあれば自分で自分の身を使う。面倒でないこともないが、人を従え、人を指示するよりは簡単だ。もし歩くべきことがあれば、自分自身で歩く。苦しいといっても、馬鞍や牛車に心を悩ますよりましである。

それ故自分は、一身を分かって、(主人と召使の)二つの用をしている。手を召使とし、足を乗り物とすれば、自分の思いどおりになる。心が身の苦しみを知っていれば、身が苦しむときは休ませ、元気なときには使う。使うといっても、そうたびたびは度を過ごさない。仕事が大儀であっても気にしない。ましてや、常に歩き、常に動くのは、体にとって養生になる。どうしていたずらに怠けようか。人を悩ますのは罪業である。どうして他人の力を借りるべきだろうか。

衣食のたぐいもまた同じである。藤の衣、麻の布団を手に入るにしたがって身にまとい、野辺の嫁菜、峰の木の実をとってわずかに命をつなぐ。人と交わらないので、姿を恥じることもない。食料が乏しいので、粗末なさずかりものもおいしく感じる。そうじてこのような楽しみは、富者に向かって言うのではない、ただ自分自身に関して、昔と今とを比較して言うだけのことである。

(解説と鑑賞)
この説は、閑居暮らしのうちで、他人を当てにしたりわずらわされたりせずに、自分のことを自分自身で始末することの気楽さについて述べる。自分が自分の召使になった気になれば、勝手気ままに行動できるし、また他人の目を気にすることがないので、着ているものが粗末でも気にならない。ただ食料は、不足がちなので、時折他人の施しにあずかるけれど、それはそう頻繁にあることではない。以上のような一人暮らしの気楽さが、やすらかな気持ちを以て語られる。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである