日本語と日本文化


方丈記(十三)


おほかた、この所に住みはじめし時は、あからさまと思ひしかど、いますでに五年を經たり。假の庵もやゝふるさととなりて、軒に朽葉深く、土居に苔むせり。おのづからことの便りに都を聞けば、この山にこもり居て後、やむごとなき人のかくれ給へるもあまた聞ゆ。ましてその數ならぬたぐひ、尽くしてこれを知るべからず。たびたび炎上にほろびたる家、またいくそばくぞ。たゞ仮の庵のみ、のどけくして恐れなし。程狭しといへども、夜臥す床あり、昼居る座あり。一身を宿すに不足なし。かむなはちひさき貝を好む、これ事知れるによりてなり。みさごは荒磯に居る、則ち人を恐るゝが故なり。われまたかくのごとし。事を知り世を知れれば、願はず、わしらず、たゞしづかなるを望みとし、うれへ無きを楽しみとす。

すべて世の人のすみかを作るならひ、必ずしも身の為にせず。或は妻子、眷屬の為に作り、或は親昵、朋友の為に作る。或は主君、師匠および財寳、馬牛の為にさへこれを作る。われ今、身の為にむすべり、人の為に作らず。故いかんとなれば、今の世のならひ、此の身のありさま、伴ふべき人もなく、たのむべき奴もなし。たとひ広く作れりとも、誰を宿し、誰をか据ゑん。

(文の現代語訳)
そもそも、ここに住み始めた時は、ほんのちょっとの間と思っていたが、もはや五年を経た。仮の庵も次第に住み慣れたふるさととなって、屋根には朽ち葉が積り、土間には苔が蒸した。何とはなしにことの頼りに都の様子を聞くと、この山にこもって以来、高貴な身分の人が死んだという話を多く聴いた。まして低い身分の者は、どれほどの数か知るべくもない。度重なる火災で滅びた家はいかほどあっただろうか。ただ自分の仮の庵だけは、のんびりとして無事であった。狭いといっても、夜寝るための床があり、昼居るための座もある。一身を宿すに不足はない。ヤドカリは小さな貝を好むという。自分の分限を知っているからである。ミサゴは荒磯にいる、それは人を恐れるがためである。自分もまた同じである。自分の分限を知り世の中のことをわきまえていれば、多くを願わず、あせらず、ただ静かであることを望みとし、憂えのないことを楽しみとするのだ。

総じて世の人の住処を作る習慣は、かならずしも自分自身のためばかりではない。或は妻子、眷属のために作ったり、親戚、朋友のために作ったりもする。或は主君、師匠、及び財宝、牛馬の為にさえこれを作る。ところが自分は、自分自身のために住処を作った。人の為ではない。どうしてかといえば、世の中の習いやこの身のありさまにつけて、伴侶もなく、頼りにする下僕もいない。たとえ広く作ったところで、誰を宿し、誰を据えようというのか。

(解説と鑑賞)
当初は仮の庵だったつもりが、住み慣れて故郷になっていくという、時の経過について語る。自分が五年もの間この小さな庵に住み続けてきたのは、庵の規模が自分の分限に相応しかったからだと言い、この生活に心から満足している様子が語られる。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである