日本語と日本文化


方丈記(一)


ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまりたるためしなし。世の中にある人と栖と、またかくの如し。

たましきの都のうちに、棟を並べ、甍を争へる、高き卑しき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、是をまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或は去年焼けて今年作れり。或は大家滅びて小家となる。住む人も是に同じ。所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は二三十人が中に、わづかに一人二人なり。朝に死し、夕に生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。

知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、仮の宿り、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目を喜ばしむる。その主とすみかと、無常を争ふさま、いはゞ朝顏の露に異ならず。或は露落ちて花残れり。残るといへども、朝日に枯れぬ。或は花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども、夕を待つ事なし。

(文の現代語訳)
流れ行く川の水は絶えることがなく、かといって同じ水が流れているわけではない。よどみに浮かぶ水の泡は、消えたり出来たりして、長くとどまっているためしがない。この世に生きている人も、その住まいもまた同様である。

美しい都のうちに、棟を並べ甍を争っている様々な身分の人の住まいは、長い時代にわたって尽きることなくあるが、実際本当に尽きることがなかったかと言えば、昔のままの家はまれである。或は昨年家事で焼けて今年建て直したものであったり、或は大きな家が滅びて小さな家に代わったものであったりする。住んでいる人も同じだ。所もかわらず、そこに住んでいる人も多いが、昔見たことのある人は、二三十人のうちわずか一人か二人である。朝に死に、夕に生まれるさまは、ただ水の泡によく似ている。

私にはわからない、生まれ死ぬ人が、どこから来てどこへ去るのかが。また、この仮の宿りにおいて、誰のために心を悩まし、何を見て目を喜ばすのか、についても私にはわからない。主人とその住処とが無常を争っているさまは、いわば朝顔とその露との間と異なるところがない。露が落ちて花が残っている場合でも、朝日で枯れてしまう。花がしぼんで露が消えないでいる場合でも、夕を待つことはない。

(解説と鑑賞)
全編の基調をなすところ。この世は儚いものだということが、さまざまな喩えを通じて強調される。その中でも冒頭の「ゆく河の流れ」の喩えは、方丈記全体を流れる思想を一言で凝縮したものと言える。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである