日本語と日本文化


方丈記(二)


予ものの心を知れりしより、四十あまりの春秋をおくれる間に、世の不思議を見る事やゝ度々になりぬ。

去安元三年四月廿八日かとよ。風烈しく吹きて静かならざりし夜、戌の時許、都の東南より火いできて西北に至る。果てには朱雀門、大極殿、大學寮、民部省まで移りて、一夜のうちに塵灰となりにき。

火元は樋口富ノ小路とかや。舞人を宿せる仮屋よりいできたりけるとなん。吹き迷ふ風に、とかく移りゆくほどに、扇を広げたるが如く末広になりぬ。遠き家は煙にむせび、近き辺はひたすら焔を地に吹きつけたり。空には灰を吹きたてたれば、火の光に映じてあまねく紅なる中に、風に堪へず吹き切られたる焔、飛ぶが如くにして一二町を越えつゝ移り行く。其中の人うつし心あらむや。或は煙にむせびて倒れ伏し、或は炎にまぐれてたちまちに死ぬ。或は身一つからうしてのがるゝも、資財を取り出づるに及ばず。七珍萬寳さながら灰燼となりにき。その費えいくそばくぞ。其のたび、公卿の家十六燒けたり。ましてその外數へ知るに及ばず。すべて都のうち三分が一に及べりとぞ。男女死ぬるもの數十人、馬牛のたぐひ邊際を知らず。

人のいとなみ皆おろかなるなかに、さしもあやふき京中の家を作るとて、寶を費やし心を悩ます事は、すぐれてあぢきなくぞ侍る。

(文の現代語訳)
私が、道理を知るようになって以来、四十年ばかり生きてきた間に、世の中の不思議を見ることが次第に増えてくるようになった。

去る安元三年四月廿八日のことだったか。風が激しく吹いて騒がしかった夜、戌の時(午後八時)ころに、京の東南から火が出て西北に燃え広がった。その結果、朱雀門、大極殿、大學寮、民部省まで火が移り、一夜のうちに灰燼となってしまった。

火元は樋口富ノ小路とか。舞人を泊めた仮小屋から出火したということだ。炎は吹き迷う風に乗って、あちこち燃え移っていくうちに、扇を広げたように末広がりになった。遠方の家は煙に包まれ、近いところではひたすら炎を地面に吹き付けていた。空には灰を吹き上げたので、それが火の光を反映して一面赤くなった中に、風に絶えず吹き切られた炎が、飛ぶようにして一二町を越えて移っていく。その中にいた人は生きた心地がしただろうか。或は煙にむせんで倒れ伏し、或は炎に包まれてたちまち死ぬ。身一つで命からがら逃れても、資財を取り出すには及ばない。七珍萬寳がそっくり灰となってしまった。その損失は計り知れない。この火事の際に、公家の家が十六焼けた。ましてそのほかの家は数え知れない。焼けた範囲は京全体の三分の一に及んだそうだ。男女死んだ者の数は数十人、馬牛の類は数えきれない。

人の営みがおろかなる中で、こんなにも危険な京の町に家を作ろうとして、資財を費やし心を悩ませるのは、じつにつまらないことである。

(解説と鑑賞)
まず、無常の例として、長明の見聞した災害や天変地異が語られる。最初は安元三年(1177)四月廿八日の京の大火。この大火は都の三分の一を焼く尽くす大火災だったようだ。その様子が実にリアルに書かれている。まるで長明自身がその現場に立ち会っていたかのようである。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである