日本語と日本文化


男色と日本人


男色といえば、キリスト教文化圏においてはとかく白眼視され、変態であるとか性的倒錯であるとかいって、社会的迫害の対象とされてきた。だが歴史的にこれをみれば、男色に寛容な社会はいくらでもあった。日本もまたその例にもれない。

歴史上男色で知られるのは古代ギリシャである。古代ギリシャの男色は少年愛という形をとった。あのソクラテスでさえ、少年愛をもっとも尊い愛の形としていたことは、プラトンの対話編にあるとおりで、「饗宴」の中では、若いアルキビアデスがソクラテスとの男色行為にそなえて、いろいろと仕草をする場面が描かれている。

日本の男色はそう古いことではないらしい。「日本書紀」神功皇后摂政元年二月条に,小竹の祝と天野の祝との間に男色が行われていたことをうかがわせる記事があるが、これは例外で、古代日本に男色が行われていたとする記録はほとんどない。

日本で男色が普及するのは、平安時代以降、それも寺院という特殊な社会の中でのことだったようだ。支配的な立場にある僧侶が、弱い立場の稚児を相手に男色行為を行った。これを彼らは仏教言葉を以て美化し、衆道といった。衆道は後に若衆道などといって、武士をはじめ社会の各層に伝わっていった。

寺院は女人禁制を旨とする男だけの社会であるから、このような行為が普及したのだと思われる。猿や一部の鳥の社会にも、メスの獲得に失敗したオスが、同姓同士で性的な代償行為を行う例が知られている。それと同じような意味合いなのだろう。

男色が趣味として普及するのは平安末期、院政時代である。保元の乱、平治の乱は、鳥羽上皇と藤原家成、後白河上皇と藤原信頼の男色関係を軸にして、互いの対立から起こったとされる。この時代、男色は出世の道具ともなり、まさに「事件の裏に男あり」の観を呈するに至った。

保元の乱の当事者藤原頼長も男色の愛好家で、その日記「台記」には、さまざまな男たちとの男色行為が生々しく記録されている。

「亥の時ばかり、讃丸来る。気味甚だ切なり、つひに偕に精を漏らす、稀有のことなり、この人常にこのことあり、感嘆最も深し」

ここにある讃丸とは讃岐守藤原成親、頼長自身は左大臣である。いづれも栄華を極める貴族層で、正妻も妾もいる。女日照りには縁がないこの二人が男色行為に喜びを感ずる。記述から見ると、互いに相手の一物を刺激しあい、同時に射精しているようだ。それを頼長は感慨深く回想している。異様な妖気を感じざるをえない。

室町時代以降戦国の世になると、男色は戦場の武士たちの間で大いに流行った。信長と森蘭丸、謙信や信玄の小姓相手の男色は戦国大名のもう一つの顔をうかがわせるものとして興味深い。

一般の庶民の間でも男色が流行したことは、能の番組などを通じて伺うことができる。「松虫」や「花月」は男色を描いた作品といわれているし、義経を主人公にした「鞍馬天狗」も男色の能とされている。三田村鳶魚翁などはこれを以て、能は変態の芸能だといっているほどだ。

徳川時代を通じても、男色は能楽と並んで武士のたしなみとされた。その気風は幕末まで衰えなかったようで、維新の志士と呼ばれる西国の田舎侍たちの間では、男の友情を固めるものとして衆道が大いにもてはやされたそうだ。


前へHOME日本民俗史性愛・婚姻・家族

  
.
検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである