日本語と日本文化


方丈記(十一)


その所のさまをいはゞ、南にかけひあり、岩を立てて水をためたり。林の木近ければ、爪木を拾ふに乏しからず。名を音羽山といふ。まさきの蔓跡うづめり。谷しげゝれど、西はれたり。觀念のたよりなきにしもあらず。春は藤波を見る。紫雲のごとくして、西方ににほふ。夏は郭公をきく。語らふごとに、死出の山路を契る。秋は日ぐらしの聲耳に満てり。うつせみの世を悲しむかと聞ゆ。冬は雪をあはれぶ。積り消ゆるさま、罪障にたとへつべし。

若し念仏物うく、読経まめならぬ時は、みづから休み、みづからおこたる。さまたぐる人もなく、また恥づべき人もなし。ことさらに無言をせざれども、独り居れば、口業ををさめつべし。必ず禁戒を守るとしもなけくとも、境界なければ、何につけてかやぶらん。若し跡の白波に身をよする朝には、岡の屋に行きかふ船をながめて、滿沙彌が風情をぬすみ、もし桂の風、葉をならす夕には、潯陽の江を思ひやりて、源都督の行ひをならふ。若し余興あれば、しばしば松の響き秋風樂をたぐへ、水の音に流泉の曲をあやつる。藝はこれつたなけれども、人の耳をよろこばしめむとにはあらず。ひとり調べ、ひとり詠じて、みづから心をやしなふばかりなり。

(文の現代語訳)
その場所の様子を言うと、南には懸樋があり、岩を組み立てて水をためている。林の木が近くにあるので、薪を拾うには便利だ。山の名を音羽山と言う。まさきの蔓が道を覆っている。谷は木々が繁っているが、西側は開けている。観念には都合がよいと言える。春は藤波を見る。紫雲がたなびくように、西の方向に咲き匂う。夏は杜鵑の声を聞く。それが鳴くごとに死出の山路を案内してくれるように願った。秋はヒグラシの声が耳に満ちる。その声はこの世を悲しんでいるように聞こえる。冬は雪を哀れむ。その積っては消え行くさまは、罪障の移り変わりにたとえるべきであろう。

もし念仏が面倒で、読経もままならぬ時は、自ら休み、自ら怠る。それを妨げる人もなく、また恥じるべき人もいない。ことさら口をきかないわけではないが、一人でいると、口の災いも逃れられるだろう。かならず戒律を守ろうとしないでも、破るべき境界がなければ、何につけて破ることがあろうか。もし、跡の白波に身を寄せる朝には、岡の屋に行き交う船を眺めては滿沙彌の風情を盗んで歌を読み、もし、桂の風が葉をならす夕には、潯陽の江を思い出しては、源都督の振舞を真似て琵琶を弾く。もし余興があれば、何度でも松の響きを秋風樂にたとえ、水の音にあわせて流泉の曲を弾く。一人調べ、一人詠じて、自ら心を養うばかりである。

(解説と鑑賞)
方丈の周囲の自然の様子と、方丈での自分の生活ぶりについて語る。たったひとりで暮らしていると、口の災いを心配する必要もない一方、さびしいかと言えばそうでもない。自然を友にして語り合ったり、先人たちを思ってそのあとを忍んだり、いろいろ退屈しのぎにはことかかない、そういって長明は隠居生活の気楽さを自慢するのだ。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである