日本語と日本文化


方丈記(九)


我が身、父方の祖母の家を伝へて、久しく彼の所に住む。其後縁欠け、身おとろへ、しのぶかたがたしげかりしかど、つひにあととむる事を得ず。三十餘りにして、更にわが心と一の庵をむすぶ。是をありしすまひにならぶるに、十分が一なり。居屋ばかりをかまへて、はかばかしくは屋を作るに及ばず。わづかに築地を築けりといへども、門を建つるたづきなし。竹を柱として、車を宿せり。雪降り風吹くごとに、あやふからずしもあらず。所、河原近ければ、水難も深く、白波のおそれも騒がし。

すべてあられぬ世を念じ過ぐしつゝ、心を悩ませることは、三十餘年なり。その間折々のたがひめ、おのづから短き運をさとりぬ。すなはち、五十の春をむかへて、家をいで世をそむけり。もとより妻子なければ、捨てがたきよすがもなし。身に官祿あらず、何につけてか執をとゞめむ。むなしく大原山の雲にふして、又五かへりの春秋をなん経にける。

(文の現代語訳)
我が身は、父方の祖母の家を受け継いで、久しくその家に住んでいた。その後、親類の縁が切れてしまい、身も衰えたので、忘れえぬ思い出は多かったのだが、ついにその家にとどまることができなくなった。三十歳余りにして、自分の意のままにと、一つの庵を結んだ。これを前の家と比べると、十分の一の大きさである。住居だけを構えて、きちんとした屋敷を作るには至らなかった。わずかに築地を設けたといっても、門を建てる資力がない。竹を柱にして、車寄せとした。雪降り風が吹くたびに、壊れそうになる。場所は河原に近いので、水難も多く、盗賊の恐れもあった。

そうじて生きにくい世を耐え忍びつつ、心を悩ませること三十年あまり。その間、折りにつけて不如意に会い、自づから我が身の不運を悟った。そこで、五十の春を迎えたときに、出家して遁世した。もとより妻子がないので、捨てがたいよすがもない。官祿のない身にとって、この世に何の未練があろうか。むなしく大原山の雲に臥して、さらに五たびの春秋を経たのであった。

(解説と鑑賞)
長明が世の中に嫌気をさして、出家して遁世するまでのいきさつを語る。長明はそもそも下鴨神社の総禰宜の家柄に生まれたので、若い頃には壮大な規模の家に住んでいたのであろう。それが、住処を変えるたびに規模が小さくなり、最後には方丈の庵になるのであるが、それも出家遁世の身には気にならない。そうした諦念のような気持ちが、この文章からは窺われる。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである