日本語と日本文化


方丈記(四)


又治承四年水無月の頃、にはかに都遷り侍りき。いと思ひの外なりし事なり。おほかた此の京のはじめを聞ける事は、嵯峨の天皇の御時、都と定まりにけるよりのち、すでに四百歳を經たり。ことなるゆゑなくて、たやすく改まるべくもあらねば、これを世の人やすからず憂へあへる、実にことわりにも過ぎたり。

されどとかくいふかひなくて、帝よりはじめたてまつりて、大臣公卿みな悉くうつろひ給ひぬ。世に仕ふるほどの人、誰か一人ふるさとに殘り居らむ。官位に思ひをかけ、主君のかげを頼むほどの人は、一日なりともとくうつらむと励み、時を失ひ世にあまされて、期する所亡き者は、愁へながらとまりをり。軒を爭ひし人のすまひ、日を經つゝ荒れゆく。家はこぼたれて淀川に浮び、地は目の前に畠となる。人の心みな改まりて、たゞ馬鞍をのみ重くす。牛車を用する人なし。西南海の所領を願ひて、東北國の庄園を好まず。

その時、おのづから事のたよりありて、摂津國今の京にいたれり。所のありさまを見るに、その地ほど狭くて、條里をわるにたらず。北は山にそひて高く、南は海に近くて下れり。波の音つねにかまびすしく、潮風殊にはげし。内裏は山の中なれば、彼の木の丸殿もかくやと、なかなかやうかはりて、優なるかたも侍り。日々にこぼち、川もせに運び下す家、いづくに作れるにかあらむ。なほむなしき地は多く、作れる屋は少なし。古京はすでに荒れて、新都はいまだならず。ありとしある人は、皆浮雲の思ひをなせり。もとより此の處にをるものは、地を失ひて憂ふ。今移れる人は、土木のわづらひある事を嘆く。道のほとりを見れば、車に乘るべきは馬に乘り、衣冠、布衣なるべきは多く直垂を着たり。都の手振りたちまちに改まりて、ただひなびたる武士にことならず。

世の亂るゝ瑞相とか聞きおけるもしるく、日を經つゝ、世中うき立ちて、人の心も治らず、民の憂へつひにむなしからざりければ、おなじ年の冬、猶この京に歸り給ひにき。されどこぼちわたせりし家どもは、いかになりにけるにか。悉くもとの様にも作らず。

傳へ聞く、古の賢き御代には、あはれみを以て國を治め給ふ。すなはち殿に茅ふきても、軒をだにとゝのへず、煙の乏しきを見給ふ時は、かぎりあるみつぎ物をさへゆるされき。是民をめぐみ、世をたすけ給ふによりてなり。今の世の中のありさま、昔になぞらへて知りぬべし。

(文の現代語訳)
また、治承四年(1180)六月の頃、突然遷都の儀があった。思いがけないことであった。だいたい、この京の始まりについて私が聞いている範囲では、嵯峨天皇の御世に都と定められて以来、すでに四百年も経っている。特別の事情もなくたやすく改められるべくもないので、このことを世の中の人々は心安からず憂えあったのだった。まことにもっともなことである。

だが、とやかく言うかいもなく、天皇をはじめ奉り、大臣公卿みなことごとく引越された。朝廷にお仕えする身分の人は、誰一人として古い都に残ろうとはしない。官位に望みをかけ、主君のかげを頼りにするような者は、一日も早く引越そうと励み、時を失い世の中からはじき出され何も期待するところのない者は、憂えながら古い京にとどまった。軒を争っていた人の住処は、日を経るにつれ荒れていった。家は解体されて(その材木が筏となって)淀川に浮かび、地面はあっと言う間に畑と化した。人々の考え方は変わって、馬や鞍ばかりを重宝するようになった。牛車を使う人はいなくなった。西南海の所領を希望し、東北の国々の荘園を好まなくなった。

その時分、たまたま用事のついでがあって、摂津の国の新しい都に行った。その様子を見るに、土地が狭くて、條里を割るには足りない。北は山に沿って高く、南は海に近く下っている。波の音がつねにかまびすしく、潮風がことのほか烈しい。内裏は山の中なので、あの木の丸殿もかくやと思われ、かえって風変わりで、優美とも言える。日々に解体して、川いっぱいに筏で運び下した家は、どこに再建されたのだろう。まだ空地は多く、出来上がった家は少ない。古い京はすでに荒れて、新しい京はいまだならず。ありとあらゆる人が、みな浮雲のような心細い思いをしている。前からここに住んでいる人は、土地を取り上げられて悲しんでいる。あらたに移ってきた人は、土木工事をせねばならぬことを嘆いている。道のほとりを見ると、車に乗るべき人が馬に乗り、衣冠、布衣を着るべき人の多くが直垂を着ている。都の風俗はたちまち変わってしまい、田舎者の武士のそれに異ならなくなった。

これは世が乱れる徴だと聞いていたとおり、日が経つにしたがって、世の中が浮き立ってきて、人心も不穏になり、民の憂えていたとおりになってしまったので、同じ年の冬に、また古い京に遷都された。しかし、解体されてしまった家々は、どうなったことか。すべて元通りになったわけではなかった。

伝え聞くところによれば、古の賢き御世には、憐れみを以て国を治められた。すなわち宮殿を茅で葺いても先端を切り揃えることなく、煙の乏しい様子をご覧になれば、一定限度の公租をも免除された。これは民をめぐみ、世を救う為になされたことである。今の世の中のありさまを、昔とよく比較するがよい。

(解説と鑑賞)
この段は、福原遷都を取り上げている。福原は現在の神戸市の中央区あたり。ここに平清盛のイニシャティブで遷都しようというものであった。清盛は、この新しい都を宋との貿易拠点にし、なおかつ、平家の権力の中心地にしようともくろんだが、計画に無理があって、一年もたたないうちに中止になった。

長明は、用事のついでに福原を訪れ、建設中の新しい京の様子を書き記しているが、それは光明への旅立ちと言うより、まがごとの予兆を見るようであったといっている。その予感のとおり、福原は一年足らずで見捨てられたわけである。

「かの木の丸殿」とあるのは、新古今集の和歌「朝倉や木の丸殿にわがをればなのりをしつつ行くはたがこぞ」を踏まえる。木の丸殿とは、丸木で作った仮の御殿。




  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





HOME古典を読む方丈記次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである