日本語と日本文化
HOME | ブログ本館東京を描く日本の美術日本文学万葉集プロフィール | 掲示板




説経の世界:歴史と作品


● 説経:語りの芸能
● さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)
● 説経「をぐり」(小栗判官)
● ボートシアター公演 「小栗判官照手姫」
● 説経「かるかや」(刈萱―中世人の遁世観)
● 説経「しんとく丸」(観音信仰と被差別者の絶望と救済)
● 愛護の若(恋の遺恨と救いのない漂泊)
● 説経の節回し(哀れみて傷る)




HOME






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである