日本語と日本文化
HOME | ブログ本館東京を描く日本の美術日本文学万葉集プロフィール | 掲示板




第三の新人:日本文学を読む


第三の新人とは、文芸評論家の山本健吉が命名したもので、戦後登場した世代の中で、野間宏や椎名麟三など第一次戦後世代、安倍公房や三島由紀夫などの第二次戦後世代に続く第三の世代を、第三の新人という言葉で表したものだ。小島信夫、庄野潤三、安岡章太郎、吉行淳之介、遠藤周作などが含まれる。年齢的には安部ら第二世代よりも上であり、戦争を体験している者が多い。

小島信夫の短編小説
抱擁家族:小島信夫の逆説的世界
庄野潤三の短編小説:「静物」ほか
安岡章太郎の短編小説
遁走:安岡章太郎と軍隊生活
海辺の光景:安岡章太郎の母
放屁抄:安岡章太郎の屁へのこだわり
吉行淳之介の短編小説
砂の上の植物群:吉行淳之介の説明的文体
遠藤周作の短編小説
沈黙:遠藤周作の切支丹小説





HOME






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2015-2018
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである