日本語と日本文化


草野心平の詩集「富士山」から「作品第参」


草野の歌う富士山は、どっしりとたしかな存在感を感じさせる。それは巨大な肉体のようだ。ただそこに静かに横たわっているばかりではなく、幾億年の時空を貫いてうごめいている。

富士山 作品第参

  劫初からの。
  何億のひるや黒い夜。
  大きな時間のガランドウに重たく坐る大肉体。
   ああ自分は。
   幾度も幾度もの対陣から。
   ささやかながら小さな歌を歌ってきた。
   しかもその讃嘆の遙かとほくに。
  遥かとほくに。
  ギーンたる。
  不尽(ふじん)の肉体。
  獅オい白い大精神。


    

  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME草野心平次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2011
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである