日本語と日本文化


窓:草野心平の詩集「絶景」から


草野心平の詩集「絶景」には、それ以前の草野の詩に特徴的であったダイナミックなリズムに満ちた詩とは正反対に、静的で抑制の効いた作品が多い。また社会に対する怒りや、アナーキスティックな感情の吐露は影を鎮めて、自然と一体になった心の緩やかな動きを歌ったものが多い。

草野にとって新機軸ともいえるそんな詩風を代表するのが「窓」という作品だ。


窓  草野心平

  波はよせ。
  波はかへし。
  波は古びた石垣をなめ。
  陽の照らないこの入江に。
  波はよせ。
  波はかへし。
  下駄や藁屑や。
  油のすぢ。
  波は古びた石垣をなめ。
  波はよせ。
  波はかへし。
  波はここから内海につづき。
  外洋につづき。
  はるかの遠い外洋から。
  波はよせ。
  波はかへし。
  波は涯しらぬ外洋にもどり。
  雪や
  霙や。
  晴天や。
  億万の年をつかれもなく。
  波はよせ。
  波はかへし。
  波は古びた石垣をなめ。
  愛や憎悪や悪徳の。
  その鬱憤の暗い入江に。
  波はよせ。
  波はかへし。
  波は古びた石垣をなめ。
  みつめる潮の干満や。
  みつめる世界のきのふやけふ。
  ああ。
  波はよせ。
  波はかへし。
  波は古びた石垣をなめ。


歌われているのは波の動きであるから、本来は動的な要素を含んだ作品だ。それなのに読んだ印象は、静謐を感じさせる。動を貫く静、あたかも水墨画に定着された波の動きが、永遠の中に定着しているかのようだ。


    

  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME草野心平次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2011
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである