日本語と日本文化


春:草野心平の詩を読む


草野心平の詩集「母岩」に収められた詩の多くは暗いタッチのものだと、先に書いた。その中で巻末の「春」という詩は、題名どおり生命の豊かさを歌った明るい詩だ。

春(草野心平詩集「母岩」から)

  天下は実に春で。
  雲はのぼせてぼうつとしてるし。
  利根川べりのアカシヤの林や桃畑の中をあるき。
  おつけのおかずになづなをつみ土筆をつみ。
  なんとも美しいバラの新芽をつみ。
  樹木や草からは新しい精神が。
  それらがやはらかにぬくまつて燃え。
  六羽小鳥たちはまぶしくうるむ空をかすめて。
  流れてゆくその方向遥かに。
  雪の浅間の噴煙が枝々の十文字交叉をとほして......。
  虫けらたちも天に駆けあがりたいこの天気に。
  ああ。実際。
  土筆の頭の繁殖作用や。
  せきこんで水を吸ひ上げる樹木の内部の活動や風のそよぎや。
  よろこびのものうい音楽はみち、
  なづなをつんでるおれとおまへよ。
  尾長猿のように木をとびまはり夜叉になり。この豊満をなき
  たくなり......。

春爛漫といった青春の豊かさ、明るさが伝わってくる。ここには詩人ともうひとりの人間が出てくるが、それが男女だと考える必要はない。草野自身これを恋愛詩だとは考えていなかったように。

豊かな自然のなかで命のほとばしりを感じるには、ひとりぽっちでいるよりは、人間同士が手を携えているほうがよい。だからナズナを摘むのも、おれひとりではなく、おまえと一緒のほうが相応しいのだ。


    

  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME草野心平次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2011
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである