日本語と日本文化


亡霊:草野心平の詩集「第百階級」から


「第百階級」の中にある「亡霊」という詩は、カエルの夢想を歌ったものである。カエルは日ごろ蛇によって捕らえられ食われる運命にある。ところがそのカエルが逆に蛇を捕らえて食ったらどんな気持ちがするだろうか。「つめたくぬるぬるしておいしい」だろうか。

無論生きているカエルが生きている蛇を食うなど考えることさえできない。だからカエルは亡霊とならなければ蛇を食うことができない。この詩にはそんな悲しい現実がこだましているのだ。


亡霊:草野心平

   蛇めがおれの口に食はれをるわ
   みみずのやうに食はれをるわ
   つめたくぬるぬるしておいしいわ

    わひ わひ わひ
      らりらら らりらら
 
   踊れるわ 踊れるわ
   脚が生えをるわ
   五本 六本 十本 十本

       わひ わひ わひ
       らりらら らりらら

  ウフフッ蛇めらが逃げをるわ
   畔から 畔から 田圃から 畔から
  逃げをるわ 逃げをるわ
  さあ みんな集まりなされ
   たんぽぽにすかんぽに火をつけなされ
  田のお祭りだ

   わひ わひ わひ
       らりらら らりらら

  青紫の 毒薬色の
  空が 田圃が
  ぐるぐるぐるぐる
  レンズになって廻りをるわ 廻りをるわ

この詩は政治的な視点からも解釈できる。カエルは弱い立場の労働者たちで、蛇は彼らを抑圧する資本家だ。カエルが亡霊となって抑圧者を抑圧する、共産党宣言そのままの光景がある。

だがこの詩は、もっと単純な視点から解釈したほうが、よりよく味わうことができる。自然の中で繰り広げられる生き物たちの生きるための戦いだと受け取れば、カエルの願望と仲間との共感が素直に伝わってくる。


    

  
.


検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME草野心平次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2011
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである