日本語と日本文化


万葉仮名


万葉仮名とは、漢字の持つ意味の部分を切り捨てて、もっららその音の部分を活用し、日本語の音韻を書き表すために用いられるようになったものである。日本語にカタカナやひらがなが成立する以前には、もっぱらこの万葉仮名が日本語固有の音韻を書きあわす唯一の手段だった。

漢字の音を利用して外国語を書き表すことは、中国においても、古くから行われていた。たとえば仏典の中で、サンスクリット語の「アミターヤ」を阿弥陀と書き表し、「シャーキャ」を釈迦と書き表す類である。魏志倭人伝に出てくる「卑弥呼」も、日本名の「ひみこ」を漢字で書き表したひとつの例だと考えられる。

中国では、このように漢字の音を用いて別の言葉を書き表すことを「仮借」と読んで、漢字の用法のひとつと考えていた。この伝統は今日でも生き続けている。たとえば日本語の歌をカラオケで歌うときに、今日の中国人は漢字だけで日本語の歌詞をそのまま再現している。

万葉仮名は主に万葉集の中で使われたことから、そう名づけられたが、成立したのは、5世紀ころのことだったらしい。その当時の金石文に、万葉仮名と同じような使い方がすでに見られることが分っている。

万葉仮名には大きく分けて、二つの系統のものがあった。音仮名と訓仮名である。

音仮名とは漢字の音をそのまま利用するもので、たとえば「はる」を「波流」、「あき」を「阿岐」と書く類のものである。これは中国本家における「仮借」と全く同じ原理に立つ用い方である。

これに対して訓仮名のほうは、漢字の訓読みとして日本語に取り入れられた音節を利用するもので、たとえば「なつかし」を「名津蚊為」と書く類のものである。これはいったん日本語として取り入れられた読み方を仮名として利用するのであるから、日本人固有の用い方だといえる。

古事記も万葉集も、この万葉仮名を駆使することによって、日本語の厳密で多彩な表現を可能にした。

ところで、言語学者の大島正二は、万葉集の中での万葉仮名の用い方には、いろいろな特徴が見られるといっている。それを紹介しておこう。

まず漢字の用いられ方が実に多彩で、華やかさを感じさせることである。古事記に使われている万葉仮名が最小限の文字しか用いていないのと比べると、一番目に付く特徴だという。これは歌い手の数が膨大な数に上ることに起因するのかもしれない。

しかも同じ歌の中でも、同一の音韻を複数の文字によって書き表す例が多く見られる。たとえば次のような歌

  余能奈可波 牟奈之伎母乃等 志流等伎子 伊与余麻須万須 加奈乃可利家理(よのなかは むなしきものとしるときし いよよますます かなしかりけり)

「よ」に「余」、「与」、「の」に「能」、「乃」、「か」に「加」、「可」、「し」に「之」、「志」、「子」、「ま」に「麻」、「万」、「り」に「利」、「理」など、同じ音を多様な字で表している。むしろ同じ文字の重複を避けようとする配慮さえ感じられる。

次に、偏や旁など漢字の構成要素が共通するものを、意識的に選んでいることである。たとえば

  高松之 此峯迫爾 笠立而 盈盛有 秋香乃吉者(たかまつの このみねもせに かさたてて みちさかりたる あきのかのよさ)

「笠、立」、「盈、盛」、「秋香」などはそれぞれ文字の中に共通の要素を含んでいるが、これは偶然ではないだろうという。

第三に、遊戯性が見られることである。「出(いで)」を「山上復有山」と表記したり、「鹿(しし)」を「四四=十六」への連想から「十六」と表記したり、「望月(もちづき)」を「十五夜」と表記する類である。

このほか万葉仮名の使い方には、非常に変わったものが多く、その中には古代朝鮮語が盛り込まれているのではないかと推測させるようなものもあるらしい。


    

  
.

検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME日本語歴史篇次へ




作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2009
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである