日本語と日本文化


日本語への漢語(漢字)の影響


日本に漢字が伝わったのは、古事記によれば、百済から渡来した和邇(王仁)が論語十巻、千字文一巻を応神天皇に献じたのが始まりだということになっている。そうとすれば、四世紀か五世紀の頃ということになるが、古事記のこの記述は現在では信頼できないとされている。というのも千字文が書かれたのは、六世紀のことだからである。

ではもっと後の時代のことかといえば、そうではないらしい。その手がかりを、福岡県の志賀島から徳川時代に発見された有名な金印が与えてくれる。承知のようにこの金印には「漢倭奴国王」と刻まれている。この金印は漢代の官印のひとつであって、後漢の光武帝が紀元57年に漢倭奴国王に下賜したものだということが分っている。

漢倭奴国王が誰かについては諸説あって定まりがないが、当時日本列島に存在していた多くの王国の一つなのだろうというのが、有力な説である。漢書地理志には「夫れ楽浪海中に倭人あり、分かれて百余国をなす」とあり、大和朝廷が日本を統一する以前には、日本列島には多数の国があって、分立していたことを推測させる記述である。

後漢の光武帝は、そうした国のひとつである倭奴国の国王に、この官印を下賜したわけであるが、この事実は、それを受け取った側に、漢字を読むことのできたものが存在したことを推測させる。つまり、大和朝廷が日本を統一する以前から、日本には漢字を理解するものがいたらしいのである。

石川九楊という人の推測によれば、日本に最初に漢字が伝わったのは、紀元前200年くらいに遡るという。

日本語と漢語(漢字)の関係を取り上げるとき、古代日本語の確固とした体系の上に漢字が伝来し、話し言葉としての大和言葉に、書き言葉としての漢字の体系がかぶさったと理解するのが普通である。つまり漢字伝来以前にはすでに、話し言葉としての古代日本語が確立されていて、漢字はそれに書き言葉の手段、つまり文字を提供したと理解するわけである。

筆者なども実はそう考えていた一人であるが、石川九楊はそんなに単純なものではないという。

彼によれば日本に漢字が伝来したのは弥生時代の後半であるが、その頃の日本には、民族全体に共通するような言語はまだ成立していなかったのではないか。同じものでも、地域によっては違う名で呼んでいたのではないか。それが長い時間をかけて共通の言葉に練り上げられていく。石川は、その過程で漢字が決定的な影響を及ぼしたのではないかと考える。

漢字に接した最初の日本人は、それを中国人と同じように発音していたに違いない。だがそのうちに、漢字が持つ表意文字としての性格に着目し、ひとつひとつの漢字に日本風の呼び名を当てはめ始めた。たとえが「山」という字は中国読みでは「サン」であるが、日本人はそれに日本風の名前、「やま」をあてがった。

こうしてさまざまな漢字に日本風の読み方をあてがう作業をおこなううちに、あてがうべき名前の標準化作用のようなものが行われたのではないか。

おそらく弥生時代には、山を言い表すことばは「やま」だけでなく、ほかにいくらもあったかもしれない。だが「やま」という名前が漢字の「山」の日本風の読み方を代表するようになると、そこに言葉の標準化が成立する。山に限らず多くの言葉に同じような現象が働き、日本語全体が標準語の形成に向かって進んでいったのではないか。こんな風に考えるわけである。

だが弥生時代の日本人には、漢字をこなせる人々はまだ限られていただろうから、上のような作用が大々的に生じるのは、もっと後のことだったろうとも思われる。石川九楊は、飛鳥時代から奈良時代にかけてがその時期だったといっている。その時代の日本人が漢字を大がかりに吸収し、それを日本語の不可欠の部分として組み入れていったのではないかというわけである。


    

  
.

検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本




前へHOME日本語歴史篇次へ




作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2009
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである