日本語と日本文化


清音と濁音


日本語には、50音表に分類整理されるように、9種類の子音に対応する9組の清音があるほか、4組20個の濁音がある。「が」行、「ざ」行、「だ」行、「ば」行の音である。唇音の「ば」行が今日口蓋音として分類されている「は」行の濁音とされるのには、「は」行がかつては唇音であったという歴史的な事情がある。このほか「は」行の半濁音として、「ぱ」行があり、また今日東京言葉に残っている「が」の鼻音ngaが、やはり半濁音として分類されることもある。

清濁の区別はヨーロッパ言語にも見られる。たとえば英語では、p-b, t-d, f-v, k-g がそれぞれ清濁の対をなし、th の音にも清濁の区別がある。一方中国語には、清音、濁音という概念はなく、そのかわり、無気音、有気音の区別がある。P-b, d-t、z-c, g-k, といった対立軸で表される音である。

日本語における濁音は太古の昔から存在し、その表記も万葉仮名などにおいては、清音と区別していた。しかし、後世になって、清濁同じかなで表現するようになった。日本語においては、清音と濁音の区別は、ほかの民族の言語ほどに意識化されていなかったからかもしれない。今日では、清音に「“」という符号を付すことによって差別化しているが、これも、濁音が清音から派生的した従属的な音であるとの、伝統的な意識に出たものだと、いえなくはない。

濁音の用い方については、古来一定の法則があった。

まず、濁音が語頭音として用いられることはなかった。今日では、たとえば、ここでとりあげている「濁音」という言葉のように、語の先頭に濁音があることは珍しくないが、太古にあっては決して語の先頭には用いられなかったのである。それが用いられるようになるのは、漢語の受容以降のことである。

上述のように、漢語には無気音はあっても濁音はないが、日本人の耳には、無気音が濁音のように聞こえたので、無気音を濁音で表現した。漢語文化とりわけ仏教が民衆の間に浸透するとともに、仏教用語も広まるようになり、語頭に濁音を持つ言葉が違和感なく使われるに至ったと思われる。

つぎに、日本語には連濁という現象がある。「妻問(ツマドヒ)」、「草葉(クサバ)」、「しらじら」のように、ふたつの言葉をつなぐと、あとの言葉の最初の音が濁るという現象である。この現象はハングルにおいても見られる。たとえば金大中という人物の名において、これを個々に分解すれば、キム、テ、チュンであるが、一つにつながることによって、キム・デジュンとなる。同様にして、金正日はキム・チョンイルではなくキム・ジョンイルとなる。(面白いことに、ヨーロッパ言語には、これと反対の現象が見られる。ドイツ語やロシア語において、濁音の子音が語尾にくると、清音になるというものであり、たとえばドイツ語において、abend の d は t と発音される類である。)

西洋語が日本に入ってくると、濁音の使われ方はいっそう多彩なものになった。オノマトペなどは、幼い子供が好んで使うことからもわかるとおり、太古の日本語の面影を色濃く残しているものなのだが、これにも、ドンドン、ギャーギャー、ビュービューといった具合に、濁音がおしみなく使われるようになった。


    


前へHOME日本語を語る(歴史編)次へ

  
.

検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである